沿革

昭和2年 丸菱油脂化学工業所を大阪市旭区に創立
9年 東京営業所を開設
13年 名古屋営業所を開設
14年 淀川工場を開設
22年 大阪営業所を開設
34年 新会社丸菱油化工業株式会社を設立
38年 丸菱油脂化学工業所の全てを丸菱油化工業株式会社へ移管
39年 福山営業所を開設
43年 情報戦略のためコンピュータを導入
51年 高付加価値製品製造のため、泉北臨海工場を開設
53年 東京営業所、名古屋営業所を東京支店、名古屋支店と改称
62年 泉北臨海工場に高精度、高密度製品の製造設備完成
業界初の界面活性剤特殊造粒装置を導入
平成3年 泉北臨海工場に湿式微粉砕・分散設備導入
8年 プラスチック用添加剤研究開発促進のため試験設備充実
10年 泉北臨海工場 ISO9002:1994を取得
12年 淀川工場を泉北臨海工場に統合し、生産効率向上を図る
13年 研究部門を泉北臨海工場敷地内に移転
15年 ISO9001:2000へ移行
17年 本社を大阪市北区堂島浜に移転
18年 名張新工場用地を取得
20年 中間プラントを泉北臨海工場内に新設
21年 三重県名張市に名張工場を開設
22年 ISO9001:2008へ移行
23年 名張工場 M-EMSの認証を取得
24年 泉北臨海工場 KESの認証を取得
29年 ISO9001:2015へ移行